地域で高齢者を支える

地域で高齢者を支える

地域で高齢者を支える

施設サービスは、介護老人施設や介護老臣保健施設、介護療養型医療施設といった施設で、
高齢者がリハビリや医療的なサービスを受ける介護形態です。

 

現在は、営利法人の参入は認められていません。

 

地域密着型サービスとは、通常都道府県の認可で行われる介護事業に対して、
市町村の許認可で実施される小規模な介護サービスのことです。
利用出来るのは、各市町村に居住している方のみとなります。

 

市町村が年間許認可する件数を決め、その後公募制をという形で行われるのが一般的です。

 

認知症を持つ高齢者に対して食事や入浴を介助し、
なおかつ機能回復訓練を日帰りで提供する認知症対応型通所介護などが良い例です。
定期的な巡回と看護、介護が一体化したサービスなども、地域密着型の典型になります。

 

利用者にとっては、それぞれのサービスを申請する手間が省けますし、
介護事業者にとって新たなビジネスチャンスになるため、
最近では地域密着型に参加する事業者も増えています。

 

介護事業の根本には、利用者に喜んでもらいたいという気持ちが無ければいけません。
成長が見込める分野ではありますが、その分競争も激しいのです。
介護で起業する前には、自分も1度現場で働いてみることをオススメします。

 

それと同時に、介護保険の仕組みや制度の変更に対して
素早く対応できるような機敏さを持ちましょう。

 

他業種から参入する場合は、
その経験を充分に生かしたサービスを考案することが出来れば、大きな売りになります。
未来を支えたいという気持ちが、介護事業を成功させるのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ